理想の睡眠

理想の睡眠をとるために






睡眠不足は太る


睡眠不足は太る
スタンフォード大の研究では、5時間眠る人は8時間眠る人に比べて、血中の食欲刺激物質グレリンが14.9%も多 いことがわかりました。


コレは性別、食事習慣にも全く関係がないほどはっきりした差だったそうです。(対象約1000人、30~60歳)




また睡眠時間8時間未満の人に限ると、睡眠時間が短いほど肥満度がアップしてしまうこともわかりました。





シカゴ大のチームの研究では、2晩連続で4時間しか寝ないと、10時間寝た場合にくらべて、グレリンが増えていることがわかりました。
そして、具体的にはお菓子などの甘いものやチップスやナッツなどの塩っ辛いもの、そしてパンやパスタなどの炭水化物もほしがる傾向があったとのことです。(対象 20代男性12人)
http://www.uchospitals.edu/news/2004/20041206-sleep.html





この2つの研究から、睡眠不足になればなるほど太ってしまうことは確かなようです。
睡眠時間には、できるだけ気をつけたいものです。





タンパク質の多い食事をすると食後の空腹感が起こりにくい
ワシントン州ワシントン大学医学部のFoster-Schubert氏らによる研究で、16人の被験者に対して、
1)炭水化物80%の飲料を500kcal、
2)タンパク質80%の飲料を500kcal、
3)脂質80%の飲料をを500kcalを、


それぞれ別々の日に摂ってもらい、その際のグレリンとレプチンの血中濃度ならびに主観的食欲感を調べました。




その結果は、上図のように、タンパク質の多い食事は、グレリンの血中濃度を食後6時間も抑え続けた。
炭水化物の多い食事は4時間抑え、その後、上昇に転じた。
脂質の多い食事はタンパク質と同様の傾向だったが、その程度はタンパク質の半分くらいだった。
レプチンの血中濃度は、いずれのタイプの食事でもあまり変わらなかった。


この結果から、タンパク質の多めの食事は、あまり空腹を感じさせないことがわかります。


グレリンとは



グレリンは主として胃内分泌細胞で産生され、摂食亢進や体重増加、消化管機能調節などエネルギー代謝調節に重要な作用を持つ唯一の摂食促進ペプチドす。


胃壁から分泌されるグレリンの情報は、求心性迷走神経を介して脳へ伝達され、摂食中枢である視床下部に働いて、食欲を刺激します。




グレリンをラットやマウスに末梢投与すると、摂食亢進と体重増加作用を示す。
ヒトでもグレリンの摂食亢進作用が報告されています。


グレリンの腹腔内投与が栄養素選択的な摂食調節に及ぼす影響

小 玉 智 章 ,原 小 由 合 ,矢 野 捷 介
(長崎国際大学 健康管理学部 健康栄養学科)





本研究ではグレリンの栄養素の嗜好性への影響を検討するため、3種類のマクロ栄養素食(糖質、タンパク質及び脂質)を同時に与えたラットにグレリン(0.5,1.0及び 5.0 nmol/rat)を腹腔内投与し、投与から1、2、4及び24時間後の摂食量を測定した。


総摂食量はグレリンの投与量依存的に、生理的食塩水投与時と比べて増加した。


その内訳を見ると、糖質食の摂食量が有意に増加していたが、タンパク質及び脂質食の摂食量に変化は見られなかった。
血清グルコース、総タンパク質、中性脂肪、遊離脂肪酸、及びβリポタンパク質濃度はグレリン投与による影響は認められなかった。




本研究は、グレリンが代謝に影響することなく、糖質の摂食量を選択的に増加させたことを明らかにした。
この結果は、グレリンが直接的に糖質に選択的な摂食調節に関与していることを示唆している。





実験食の組成





考 察
本研究では、グレリンの腹腔内投与が栄養素選択的な摂食調節に関与するかどうかについて検討した。
栄養素別にみてみると、タンパク質食の摂食量は対照とほぼ同量であったが、脂質食の摂食量が増加傾向を示し、糖質食の摂食量は有意に増加した





スキンケアの意識が一層高まる年代にこれまでとあまり変わらない価格で 品質の高いコスメを提供 素肌レシピ
【保湿】に特化した洗顔石鹸 高濃度ハニーソープ今なら初回500円

TOPIC

睡眠時の呼吸・寝姿勢をサポートする安眠枕スリープドクターズピロー

セロトニンが身体のリズムを整えますネムリス-nemlis

ぐっすり眠れるマットレス高反発マットレス「エアコクーン」

日々のストレスによる緊張を和らげ、リラックスへ導きますレスキューナイト リキッドメルツ

疲れているのになかなか寝付けない、寝ても次の日スッキリしない休めるという安心感をあなたに!

極上の睡眠をあなたに!深い安らぎをサポートやすみーな

空気の上で寝る。だから夏、涼しい!
高反発マットレス「エアコクーン」