理想の睡眠

理想の睡眠をとるために






睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、文字通り 睡眠中に呼吸が止まり、逸れによって日常生活にさまざまな障害を引き起こす 疾患です。









れには重症度があり、無呼吸低酸素指数(AHI)というもので表し、一晩の睡眠を通じて、一時間あたりの無呼吸や、低呼吸の頻度をもとに、診断していきます。


このAHIが5回以上認められ、日中の眠気などの自覚症状がある場合、SASと診断されます。


AHIが 5~15回が軽症 15~30回が中等症、30回以上が重症とされています。


SASの病体の多くは、空気の通り道がふさがったり、狭くなることによって起こる 「閉塞型睡眠時無呼吸症候群(閉塞型SAS)」 です。


この閉塞型SASのおもな症状と原因は


① いびきをかく:睡眠中に、空気の通り道が狭くなり、そこを空気が通るときに、喉などが振動する事で生じる音です。


② 寝汗をかく・寝相が悪い・何度も起きる:無呼吸の間はいびきが止まり、そのあと、あえぐような激しい呼吸や大きなイビキで呼吸を再開するのが特徴です。あえぐような呼吸により、寝相が悪かったり、寝汗をかいたりもします。また、夜中に目が覚めるということもあります。


③ だるさ・頭が重い:呼吸が止まっている間は、酸欠状態ですから、朝起きたときに、頭が重かったりします。眠っているのに、無酸素状態で運動をしている事と同じになるので、全身のだるさや、不眠になることもあります。


④ 日中の眠気 : 無呼吸から呼吸を再開させるときに、脳が覚醒状態になるため、睡眠が分断されます。しかし、本人に起きたという自覚はありません。






ж なぜ気道が狭くなるのか


1 筋力の低下(加齢)
2 舌が重い (肥満)
3 あごが後退している・扁桃腺肥大がある・軟口蓋(鼻と口の境目で、顔の奥にある)が長い
4 口呼吸


が、おもな原因とされています


また、枕があわないことによっても睡眠時無呼吸症候群を引き起こしやすいようです。気道を確保しやすくするために枕にも注意しましょう





快眠枕スリープドクターズピロー

TOPIC

睡眠時の呼吸・寝姿勢をサポートする安眠枕スリープドクターズピロー

セロトニンが身体のリズムを整えますネムリス-nemlis

ぐっすり眠れるマットレス高反発マットレス「エアコクーン」

日々のストレスによる緊張を和らげ、リラックスへ導きますレスキューナイト リキッドメルツ

疲れているのになかなか寝付けない、寝ても次の日スッキリしない休めるという安心感をあなたに!

極上の睡眠をあなたに!深い安らぎをサポートやすみーな

空気の上で寝る。だから夏、涼しい!
高反発マットレス「エアコクーン」